黄金の華 金華

黄金の華:信じる心

心に黄金の花を咲かせるにはどうすればいいのでしょうか?。以前、太乙金華宗旨という小冊子を読んでいるのですが、明確には記憶しておりません。我流解釈で書いていきます。:黄金の華:信じる心

心に黄金の華を咲かせる

心に黄金の華を咲かせようとしてから、何年たったでしょうか?。

未だ、黄金の華は咲きませんが、心が楽になって自由になる心境は垣間見ました。

ほんの一時のことでしたが、私には永遠のようにも感じた瞬間でした。

その心境を再現しようとしても、毎回出来るわけでもありませんが、

うまくできるときもあるというレベルですね。
(たいしたことないですね)


でも、何も考えないで、内なる至高の存在にすべてを委ねる。
思考を止めようとして、完璧な存在にすべてを委ねる。

そんな意識を持っていると、上記の心境になれるときがあるんです。

特に、悩みや苦しみを強く感じているときは、その落差に感動すら覚えます。

自分の思考や感情に気付いて、それを解放するには、自分の中にある完璧な存在に委ねるんです。

それは、神であっても仏であっても聖霊であっても良いです。
呼び名が問題ではなく、完璧、完全な存在。

そのような至高の存在があると認識して、それにすべてを委ねる心になることです。



思考を止めれば、完全で完璧な神の世界が実現される。

何も考えなければ、最善の結果が実現される。

というような内容の考えで、心を満たしてしまうんです。


そして、思考を止める。

でね、考えで思考を止められるの?。って思うでしょうけど、

それがあり得る感じです。

というか、通常の思考と、思考を止めたと感じるときの心の中の考えとは、

明らかに違って感じられます。


それは、錯覚なのかもしれませんが、自分としては違う次元の思考のような感覚です。

それは、インスピレーションと呼ばれるものかもしれません。

直感、霊感、閃きといわれるものですね。


たぶん、それだと思います。


なので、思考を止めようとして、至高の存在を意識したとき、別次元の思考に移行しているような感覚になるんですね。


私的にはそれが錯覚でもなんでも良いです。



その時の気分や心の状態からいえば、幸せな状態ですし、それ以外の、

不安や恐怖のような感情からは完全に解放されているからです。

普段であれば嫉妬や怒りが涌き上がるようなことを考えても、

そんな感情は動かないような状態になれるんですから。

これは、経験してみないと解らないと思います。


本当に思考を止めようとするだけで、そんな心境になれるときがあるんです。