信じる あきらめない

信じていれば:信じる心:信じる心

信じていれば一時的にどんな現実に直面したとしてもあきらめることはしませんね。繰り返し繰り返し挑戦し続ける人こそが、成功する人だと思います。失敗は成功の元とはそういうことでしょう。:信じていれば:信じる心:信じる心

信じていれば

信じる心があれば、一時的にどんな状況が現れてきてもそれを乗り越えることができます。
過去の偉人たちの話でも、失敗と思えることを繰り返し、挑戦し続けて成功している人が多いです。

私は祈りを捧げていますが、うまくいきません。とか、考えているようでは信じているとはいえませんね。
今は自分が試されているんだとかね、考え方はいくらでもあります。

信じる心とは、何を信じるのでしょうか。
それは、何でも良いのですが、絶対的な至高の存在を信じても良いですし、自分の可能性を信じるのも同じことです。

どちらも同じことなのですよ。
自分は何故生まれてきた?。そこに宇宙や生命の神秘がありますよね。
人智を超えた何かが存在していると感じませんか?。

人が人として生きていること自体が神秘なのですからね、神とか霊とか言葉にとらわれないで、よく考えれば、人の力を超えている何かが感じられると思います。

それを、神と呼んでも自分の本性と呼んでも何でも良いですよね。

根本は不思議の連続で、私たちの考えだけではできないことが、自然の中では普通に創造され続けているのですからね。

その力の一端でも利用できれば、どれほどのことが実現できるか、考えただけでもワクワクしませんか。



いつから信じ始めた?

私は心の法則(潜在意識や引き寄せの法則)といわれているものをいつから信じているのだろうか?。 自分でもよく分かりませんが、以前は様々な心の法則(潜在意識や引き寄せの法則)に関連する書籍を読みあさっていた時期があります。 ですが、その頃の私は・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

信念

昔から信念は大切だと、何を信じるかが大切なことだといわれていますが、結果として現れた現象を改善しようと奔走してもうまく行かないでしょう。 私たちが本当に改善するべきなのは、自分自身の心です。 考えていることを改善することで、現実が改善される・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

何を信じるか

信じる心があればほとんどの願いが叶ってしまうはずですが、その信じている内容によって、最終的に幸福を実現できるかどうかの分岐点があります。 では、何を信じるのが良いのでしょうか?。 それは、潜在意識の法則(黄金律)と呼ばれている真理の教えです・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

良いことを考えていれば良いことが起きる

「良いことを考えていれば、それに随って良いことが起きる」 「悪いことを考えていれば、それに随って悪いことが起きる」 「私たちは自分自身が考えている通りの者なのです」 これが、潜在意識の法則です。 何度この言葉を書いても毎回心に響きます。 ジ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の中の神

心の中に神が存在すると考えるだけで、安心感といえる感覚が広がってきます。 穏やかで安らいだ感覚を感じると思います。 それは、この考え(心の中に神が存在する)ということが真実なんだろうと思われます。 これは、真実がどうであれ、心が安らいで安心・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

考えていることが現実になる

考えていることが現実になると信じている人にとっては当たり前の事実になってしまうでしょうが、これから始める人は「思考は現実になる」という法則を信じて進みましょう。 この「考えていることが現実になる」という法則を信じることができないと、ほとんど・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

完璧な存在

今、私が何を信じているかといえば、完全で完璧な内なる神を信じています。 私の内には完璧な神が宿っているという気持ちが、今私を支えています。 内なる神は完璧なので、私のすべてを支配して、すべてを行なっています。 いつでも完璧な神が私を満たして・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

信じていること

最近、潜在意識への信頼感が格段にましています。 自分自身の願いがなくなったというわけではないですが、潜在意識がすべてを実現するから、私はほとんど願うことはしなくなりました。 潜在意識がすべてを支配しているって、考えて、自分はそれに委ねる。任・・・
  ≫ ≫ 続きを見る