祈り 救い

祈りは人を救う:祈り:信じる心

祈りで人は救われることを信じています。自分には自己暗示として働き、他人には祈りとして祝福が与えられるでしょう。:祈りは人を救う:祈り:信じる心

祈りは人を救う

祈ることで人は救われるし、人のために祈ることで相手を救うこともできるのではないかと、私は考えているのですが、実際には検証できません。

ただ、祈りによる病気の治癒や運命の改善等はよく聞く話で、潜在意識の働きを考えると祈りは効果があると言えるのではないでしょうか。

本来仏教徒の私は、仏教の教えと潜在意識の法則的教えの狭間で悩んでいた時期があります。
ですが、実は同じことを言っていたのではないかと考えるようになってきたのです。

もちろん、仏教で言う究極の幸福は祈りだけでは得られないものでしょうが、その手前までは祈りで十分に到達できると考えます。
(祈りと日常的な努力・精進が必要ですが)

不運の連続では精進どころではありません。
それができると考えている方は、生来幸福な方なのではないでしょうか?。

私のように幸運と不運の間を行ったり来たりしている者にとっては、不幸のどん底の時は努力や精進といった方向へはなかなか進むことができませんでした。

そんなとき、ただ単純に祈りに没頭することで、いつの間にか救われている。
そういう体験を何度も経験しています。

祈り(神仏)の方向へ心を向けることが努力であり精進であるとも言えるのであれば、精進していたということになりますね。

私は微妙に違うように思っていますが・・・・。


祈ることで心が安らぎます。
祈ることで人に優しくなれます。
祈ることで自分の心が改善されます。

そのような方向に向かない祈りは、間違っている可能性があります。

自分の幸福を祈るとき、他人の幸福も祈りましょう。
自分がいやな思いをしたとき、人にいやな思いをさせないように祈りましょう。
良くない現実に直面したとき、自分の心と行動をチェックしましょう。
為したことのみが自分に返ってくる。
という真理を信じて自分自身を改善しましょう。



信じて祈れば実現する

祈りの法則というか「潜在意識」の法則として、信じて祈ればそれは実現します。 祈りの効用は信じることで最高に発揮されるものだからです。 人の心の不思議さですが、信じる心の力は人知を越えているといえます。 どんなことでも信じて祈れば実現する。 ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りの心得

私は子供の頃に母から祈りの作法を教わり、その通りに実行していました。 良いも悪いも考えることもなくただ教えられたとおりに祈っていたのです。 そして中学か高校か忘れましたが、祈りの効果というものを実感し始めたのです。 母から教わった祈りの方法・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りに流行はありません

祈りには流行はありませんし、廃れることもないと思います。 祈りは心の法則を活用するための方法だからです。 心がなければ人としての存在はないですから、人は心を離れることはできませんよね。 祈りは心の使い方にすぎないといった方が良いでしょうか?・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りが確信に変わるとき

祈りが確信に変わるのを経験したことがある人は、祈りのコツを知っていると思います。 信じている通りに現実が現れるのは心の法則です。 ということは、祈りは自分の心を変えるため、自分の心に信念を植え付けるために祈るというのが本来の姿勢ではないでし・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りで心を変える

何かがうまく行かないときや、落ち込んでいるときに祈りで心を変えることができると、いざというときにとても便利に使うことができます。 祈りは誰にでも与えられた潜在意識との交流を図るとても便利なツールといえます。 潜在意識をなんと呼んでも良いです・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りで心を変える2

祈りで心変えるというと、ちょっと違和感があるかもしれませんが、考え方の習慣は祈りでも変えることができると思います。 それは、願っていることや、喜びや楽しみを考えるようにした方が良いのですが、それがうまくいかないと感じているときに特に有効だと・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

惰性的な祈りでも効果はある

惰性的でいい加減な祈りでも効果があると思います。 毎日、同じような台詞で同じようなことを祈っているのですが、私自身はすでに惰性的になっています。 それほど、真剣に祈ったりしているのではなくて、「おはよう」の挨拶くらい気楽に祈っているだけです・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りは叶えられる

久しぶりにジョセフ・マーフィー師の書籍を読んでいたらいまだに感動した。 いいものは時代が過ぎても良いと思いますね。 祈りは願い事を祈るための行為ではなく、本来は自分の心を神(神聖な存在)へ向けるための行為だといえますが、他の存在を想定したり・・・
  ≫ ≫ 続きを見る