祈り 心

祈りで心を変える:祈り:信じる心

祈りで心の状態を変えるテクニックがあります。ジョセフ・マーフィー師等が提唱されていた科学的な祈りで心の状態を改善することができるのです。:祈りで心を変える:祈り:信じる心

祈りで心を変える

何かがうまく行かないときや、落ち込んでいるときに祈りで心を変えることができると、いざというときにとても便利に使うことができます。

祈りは誰にでも与えられた潜在意識との交流を図るとても便利なツールといえます。

潜在意識をなんと呼んでも良いですから、先ず、潜在意識や宇宙の意識とでもいう大いなる存在に心を向けましょう。
私たちの中にある潜在意識も大いなる存在ですよ。
生命活動を司っているのは潜在意識といえるのですから、あるいは、科学的な祈りを行う場合はその様な絶対的な働きをしている意識や存在を潜在意識と呼んでいるのですからね。

ですから、先ず、潜在意識に心を向けます。
「潜在意識は何時でも私のために働いています」というように、潜在意識、宇宙意識、神様等何でも良いです。呼び方が問題になることはありませんから。

私はその一言で心が明るくなるのを感じます。
それでも落ち込んでいるときは、
「潜在意識は私の願いを叶えてくれることを知っています」
「私の願いはすでに叶えられて、準備されていることを知っています」
「私の願いは、宇宙の秩序に従って私の前に現れてくることを知っています」
というように祈ります。

これらの言葉は、宇宙の真理とでもいえることなので、潜在意識的には真実の言葉になるということです。

そして、このような心境になると、本当のことになるのですね。
潜在意識は不思議な力で私たちを導いているのですね。どんな願いでも確実に叶える方法があるとすれば、それは、自分の心をその様に誘導することです。

自分が確信していることは現実になるというのが潜在意識の法則ですから、それは、全て真実だったんですね。



祈りで心を変える2

祈りで心変えるというと、ちょっと違和感があるかもしれませんが、考え方の習慣は祈りでも変えることができると思います。 それは、願っていることや、喜びや楽しみを考えるようにした方が良いのですが、それがうまくいかないと感じているときに特に有効だと・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

惰性的な祈りでも効果はある

惰性的でいい加減な祈りでも効果があると思います。 毎日、同じような台詞で同じようなことを祈っているのですが、私自身はすでに惰性的になっています。 それほど、真剣に祈ったりしているのではなくて、「おはよう」の挨拶くらい気楽に祈っているだけです・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

祈りは叶えられる

久しぶりにジョセフ・マーフィー師の書籍を読んでいたらいまだに感動した。 いいものは時代が過ぎても良いと思いますね。 祈りは願い事を祈るための行為ではなく、本来は自分の心を神(神聖な存在)へ向けるための行為だといえますが、他の存在を想定したり・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

科学的な祈りは優れている

科学的な祈りを提唱していたジョセフ・マーフィー師は、どんな願望でも祈りで叶えることができると断言していました。 科学的な祈りとは、自分自身の潜在意識の力と働きを理解して、内なる神(潜在意識)に祈りを捧げる方法です。 潜在意識の力と働きは単純・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

感謝の気持ちは言葉から

感謝の気持ちは持てといわれたからといって、感謝できるものではないと思っている人が多いようですが、実際に感謝の言葉「ありがとう」「ありがとうございます」を唱えているだけでも 心が変ってくるものなんです。 これは、実行した人にしか分からないと思・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

他人のために祈る

自分のことを祈るのと同じように、他人のことを祈ることは大切なことです。 それは、祈りは自分の祈りも、他人についての祈りも同様に作用して、その結果は自分自身に返ってくるからです。 潜在意識には自他の区別はなく、他人の幸せを願うことは、自分の幸・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

感情や思考を特定の状態にする

祈りは感情や思考を良い状態にするための行為だと言えます。 意識的に感情や思考を望む状態に振り向けることが、科学的な祈りの方法だからです。 「考えていることが現実になる」という心の法則(潜在意識・引き寄せの法則)と呼ばれるものを活用するための・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

科学的な祈りの力

昔、ジョセフ・マーフィー師は科学的祈りという言葉で説いていた祈りの方法は、 私たちの内に潜む潜在意識こそが神(至高の存在)であると認識して、 その内なる心(潜在意識)に祈ることを教えていたのです。 それは、神や仏といった外からの助けが必要な・・・
  ≫ ≫ 続きを見る